EP116 ファッションコース担当パーティー!

The 21 week – ホイスコーレ日記116
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

残す所あと4週となったDSDHでの学校生活。この週はファッションコース主催のパーティーが行われました。

 

そこはとてもクリエイティブな空間

ファッションコースのパーティーは、普段自転車置き場として使っている建物で行われました。
パーティー前から自転車が屋外に出され、準備されているがわかりました。

mini_dsc_8441

パーティー会場に向かうとまずは白い布を選ばれ、それを体に巻きつけて、その後顔にペインティングされます。

mini_dsc_8439

会場に入ると大きなチョークを渡されて、無言で「床に何か書くの」と伝えられました。
誰もしゃべらず、音楽だけが流れる空間。

mini_dsc_8435

そんな厳かな空間でみんな一心不乱にチョークで床に落書きをしていました。
まぁ、ビールを飲み始めておしゃべりし始める人もたくさんいたけど(笑)

 

そして例のごとく

そして例のごとく、突如として曲調が変わりあっという間にパーティー会場に変身!!
いつの間にかDJがDJスペースにいる!?

mini_dsc_8438

あとは一心不乱に踊るか、疲れたら外のスペースで談笑するか…。そして世は更けていくのでした。

 

翌朝

mini_dsc_8440

お、思ったより綺麗!この前のパーティーが汚すぎたんだ…。
ちなみに、コースごとのパーティー後は、そのコースの人たちがメインになって片付けをすることが多いです。

 

第117回目は「Festivalなものをつくる」

あらたな週がやってきて、新たな課題がやってきました。

EP115 統計ポスター

The 21 week – ホイスコーレ日記115
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

残す所あと4週となったDSDHでの学校生活。その間も課題は着々と進みます。

 

自分の何かについて統計を取る

今回の課題は「自分の何かを数値化して、それについて統計ポスターを作る」ということをしました。
僕が作った作品は僕のポートフォリオにあります。

Statistics Poster

他の生徒作品も、DSDHのホームページ上で公開されています。
http://www.designhojskolen.dk/en/project/category/grafisk-design/

DSDHのウェブページでのタイトルは「パーソナルデータ」になっていますね。説明も「グラフィックデザインの生徒をイケてるポスターにしました」ってなってます。

さて、これがどうやって作られたか簡単にご紹介します。

 

何が数値化できる?

さて、僕らの何が数値化できるでしょうか?
僕の場合は、知っている漢字を第一水準・第二水準から選び出し、その数を導いてボスターにしました。他の子だと、いつも聞いている音楽のジャンルを数値化(ロックが◯曲、ポップが◯曲みたいな)、アメリカで行ったことのある都市、ダンスの好きな子はダンス中によくやる動きとか、とにかく自由自在。

もちろん表現したい事柄と、表現方法が一致していればいるほど良いです!!

mini_dsc_8432

6,000字も漢字を処理してくれたMac、お疲れさま。

 

そこにいきつくまでの経緯

僕がこの課題をもらった時、パッと「漢字だ!」と思いました。けど、表現方法が思い浮かびませんでした。

mini_dsc_8425

最初はこんな風に漢字の数だけ紙を切って、「知っている漢字タワー」と「知らない漢字タワー」を作って、それを撮影したものをポスターにしようとしたのですが。なんか見た目がかっこ悪くて手間もかかるし、わかりにくいので断念。単純に漢字を並べただけの方が面白い!となって今の形になりました。

 

印刷所に入稿

mini_dsc_8433

なんとこのポスター達は、印刷所に入稿して本当のポスターになりました。入稿時のトンボが日本と違ったりしていて面白かったですね。

あと、エクストラでお金を払えば好きなポスターを増刷してくれるということになり、僕のポスターは物珍しさもあって8枚ほど増刷されました。嬉しかった!

 

余談;疲れた時のおやつは最高

mini_dsc_8427

mini_dsc_8428

DSDHは15時がおやつの時間。早く行かないとみんな食べられてしまう!!!

 

余談2;キーボードの配列

mini_dsc_8431

日本のキーボードだと*とか「」の部分にAEとかAに◯がついてるのとかがありますね。英語キーボードとも違うのでこういうのは面白いです。(本当は友達が忘れたSDカードを知らせるために撮影した写真なので、キーボードが隠れちゃってます)

 

第116回目は「ファッションコースのパーティ」

さてさて、次回はファッションコース主催のパーティーについてご紹介します。

EP114 パーティーのその後

The 20 week – ホイスコーレ日記114
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

パーティーがいっぱい行われているDSDHですが、その後ってどんな感じになるんでしょうね?

 

散乱する者、物、もの!

mini_dsc_8406

この前日は外部からミュージシャンの人が来て、夜通しパーティーだったようです。

パーティーといえばこの画像…

th4_DSC_7414

毎度こんな感じでパァーッと行われるわけでして、ベロベロに酔っ払った彼らが片付けをするわけもなく。

mini_dsc_8411

mini_dsc_8405

気分がアガって、素っ裸で壁を登った奴がいたとかいないとか(笑)

 

けれどそこはDSDH

けれどそこはDSDH。こういう催し物があった次の日は必ず全員で学校中を掃除することになっています。

mini_dsc_8407

mini_dsc_8409

本当によく考えられている日程だと思いました。
そして、この日トイレ掃除をしていた女の子が叫びました。
「だれよ、トイレでゲロ吐いた奴!!!」

 

第115回目は「統計ポスター」

学校生活も残す所1ヶ月となりました。課題は相変わらずシンプルかつ難しい。

EP113 学校の周りをふらつきました

The 20 week – ホイスコーレ日記113
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

学校の周りをちゃんと歩いたことがなかったので、ぶらぶらと散歩してみました。

 

学校からすぐの森

mini_dsc_8386

学校からすぐのところに森に続く道があって、その途中には小屋があります。週末になるとここで寝泊りをする人を見ました。キャンプをしたりしているようですね。

mini_dsc_8387

小屋の前にはこういう焚き火をした後があります。自由に宿泊できる小屋です。
この辺りはとても気持ちがよく、週末によくランニングをしに行きました。ただ春になると草が生えまくって、ものすごく走りにくくなるのですが…。

mini_dsc_8403

 

木のトンネル

もう少し進んでいくと木のトンネルが。こんなところがあるとは。

mini_dsc_8388

その先には日本の田園風景にも似た、芝の風景が。なーんにもありません。そこがいい。

mini_dsc_8391

mini_dsc_8392

 

こんなところにも桜の木が

mini_dsc_8395

この奥の家は農家さんだったようですが、こんなところにも桜の木があるなんて。

mini_dsc_8400

mini_dsc_8391

桜の木がある場所の周りはこんな感じで、本当に何もない!

 

面白い道路標識

mini_dsc_8402

日本では馴染みの薄い「ラウンドアバウト」という形式の道路です。詳しくは下記URLにて。海外ではこのタイプの交差点は見ることが多いですね。

Wikipedia ラウンドアバウト

 

第114回目は「DSDHで猛者達の夢の跡」

この週末も特に騒がしいパーティーが開催されていました。翌日の朝、その場所を覗きに行くと…。

EP112 なんでもない日々にありがとうを

The 20 week – ホイスコーレ日記112
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

週末はどこかにふらっと行きたくなっていたこの頃。あと1ヶ月ほどとなったここでの生活をかみしめるように、今まであまり行かなかった場所、行って面白かった場所に再挑戦。

 

そこはスーパーの裏

DSDHから一番近いスーパーの周りなんて、今まで気にしたことはなかったのだけど。この前の週にふらっとさまよっていると、そこにはなんでもない、なんの変哲もない風景が広がっていて、僕はそれがとても好きになってしまいました。

mini_dsc_8361

季節は春。風景は刻一刻と変わっていて、それを見に行きたくなったというのもあるかもしれません。とにかく、行ってみたくなった。

mini_dsc_8364

 

デンマークの香りがする家々

mini_dsc_8365

きっと、現地の人にしてみたらなんでもない田舎の風景なんだと思います。けど、僕にとってはこの辺一帯のなんとも言えない静けさや空気が、子供の頃を思い出させてくれるというか、とても懐かしくて気持ちのいい場所に感じさせてくれました。

mini_dsc_8368

mini_dsc_8371

mini_dsc_8375

mini_dsc_8379

これで花粉症なんてなければ思いっきり深呼吸してやるんですが!!
ただこの頃になると薬の副作用にも慣れて眠くなりにくくなっていたし、花粉症自体の症状もだいぶ良くなっていました。やっぱり日本にいる時の花粉症が一番ひどいです。

 

さぁ帰ろう

mini_dsc_8381

この日は平日。すぐ横にあったバス停から黄色い路線バスに乗れば、僕らの学校DSDHまで30分で到着します。黄色いバスはバスカードを持っていれば無料。バスの運転手さんは英語苦手なことが多いけど、時々運賃安くしてくれたりして(いいのか?)それがいい。

 

第113回目は「ふらっと外に出て行こう2」

学校の周りもあんまり歩いたことがなかったな、と思いたちふらつきました。「ここから30分歩くとセブンイレブンがあるよ」という話を思い出して、本当にそんなのあるのかどうか確かめてやる!なんて。

EP111 Tvaerfag!毎日違う4日間

The 20 week – ホイスコーレ日記111
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

Tvaerfagのこの週は、コース関係なくみんなで同じ授業を受ける週です。月曜は祝日でお休みだったため、4日間毎日何かが起こります。

 

デンマーク語で講義な日もあった

コンサートが行われた日はよかったです、これは言葉が関係ないので。けど、デンマーク語だけで行われる講義形式の授業はお手上げ!これには僕の友達も「おぉ…」となってくれて、講義中2人一組で僕の左右にスタンバイして、代わりばんこに翻訳してくれました。涙が出そうなくらい嬉しかった。

講義内容は「どうやって生きていくか」みたいな、生き方の本質に語りかける内容でした。こういう内容って日本だと「宗教臭い」「そんなの言われなくてもわかってる」「堅苦しい」みたいな空気がある気がするんですが、ここではみんな結構真面目に聞いていました。

講義をしてくれた先生の行き方を通じて、これからの自分に何が起こり、どう対処していけばいいのか。20代前半の子が多いのでとても有意義な時間であったと思います。

 

残飯整理!?

またある日は、スーパーから廃棄処分される食材をもらってきて料理をしました。実際にコックをしている人の監修のもと、ランダムに集められた食材を使って何かを作り、みんなで食べます。

開口一番「今日はキッチンレイディーは来ません!ご飯は自分たちで作ります!」と言われた時の「えーっ!?」感は面白かった(笑)

mini_dsc_8356
どんな食材があるのかと漁るみんな

流れとしては

・なんでこんな風に廃棄処分されてしまうんだろう
賞味期限が決められているけど、これらはまだ食べられる。けど捨てられている現実を知ろうというイントロダクション。

・これらの食材で何が作れるだろう
ホワイトボードいっぱいにみんなからアイディアを吸い上げて、できそうなものをピックアップ

・グループを作ろう
作りたい料理ごとにグループになって、みんなで作ろう

・みんなで食べよう
出来上がった料理をみんなで食べよう!

 

アイディアいっぱい

例えば単純に揚げただけの「チップス」もあれば、手の込んだケーキ、そしてデンマークでよく食べた残ったお菓子を混ぜて作る「ラムボール」、お肉は豪快に木で焼いてみたりとか、サラダを作ったりとかしていました。

出来上がった順から配られたりFacebookグループで「◯時に完成するから集合!」などと連絡が飛んで、食べては料理して、食べては料理しての1日でした。

mini_dsc_8357

まだまだ食べられるのに捨てちゃうなんて!でも仕方ないのかなぁ…。と、僕らには疑問と課題が残されたのでした。
ちなみにラムボールについてはこの辺に情報が。
デンマーク在住日本人おすすめスイーツ・お菓子1選
デンマーク留学記12 食べ物

余談ですが僕は一度だけこのラムボールで騙されたことがあって、先生が「デンマーク人はその辺のゴミやチリとか、台所の余り物を全部混ぜてこのラムボールを作るんだ!」なんて言ってきたので、えぇーーー!?となってしまったわけです。いや、実際そんなことはないんですが。

 

個人的には受け取れた情報は少なかった。でも…

留学生としてはこの週は少し辛かったです。というのも、これらの授業は「デンマークの文化をある程度理解し、かつデンマーク語が出来る」というのが前提にあるからです。あとは「若者に対しての今後を展望する機会」という色も強かったと思います。

僕にしてみればもう知っていること、経験してしまったことも多く、また言語の壁で理解しきれなかったことや、文化的な背景を知らずにいきなり飛び込んでも理解しきれなかったこと、結果的にとにかく周りについていくしかなかったこともたくさんあった週でした。

mini_dsc_8359

けれど、そんな時に「一緒にやろう!」「訳してあげる」「これ美味しいよ!」なんて声をかけてもらえるのはとても嬉しかったし、そのイベントを通じて知るリアルなデンマークは5ヶ月過ごして何かを知った気でいた僕にとってとても新鮮でした。

 

桜入りのヨーグルト

mini_dsc_8360

お花見からすぐにこの食事を作るアクティビティがあって、日本的なものに触れた彼ら。桜は抗菌作用があるし、僕らも塩漬けなどで食べるということを話していたのでお花を入れた料理を作ったグループがありました。発想が柔軟!出来上がったものもシンプルで綺麗。

 

第112回目は「ふらっと外に出て行こう」

近くのスーパーに行った時、すぐ横に静かで素敵なスペースを発見しました。またそこに行きたくなって、ふらっと行ってみました。その時のことについて明日は書きます。

EP110 HANAMI!!

The 20 week – ホイスコーレ日記110
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

DSDHに1月から6月留学した人はもれなく!日本大好きメッテ先生主催による「お花見」に参加することができます!さらに料理が得意だったり上手だったら、みんなでお花見用のご飯を作ることができますよ!!

 

DSDHにある桜の木

どういう経緯かはわからないのですが、DSDHの校庭には日本から持ってくられたという桜の木が数本植えられています。毎年デンマークに春が来ると、この木々はピンク色の綺麗な桜を咲かせてくれます。

mini_dsc_8353

そして、DSDHに入った時からメッテが繰り返し言っていたのは「桜が咲いたらみんなでお花見をしましょう!」

さらにメッテ先生は「お花見」ということについて、みんなにわかりやすく説明してくれたのでした。特に強調されていたのは「ブルーシート!!」日本人はブルーシートを敷いてお花見をするのよ!!おぉ、なるほど。そう見えているんですね!間違いじゃない!

mini_dsc_8349

 

料理から作ります

メッテはこの前の週まで日本に旅行に行っていました。(年に必ず1度は来日する)
そのため、コンビニおにぎりでよくある「くるっと引っ張る、海苔とご飯が分かれて持ち運べるビニールの入れ物」だったり(最高にクールなプロダクト!とのこと)、ご飯を詰めるだけでおにぎりの形になる「おにぎりマシーン」なんてのを一通り揃えて、今回のお花見に臨んできたのでした。手が込んでるよ!!

mini_dsc_8348

そしてみんなで料理の手伝い。スープやおにぎり、日本のお菓子などをメッテが考える「日本流」に飾り付け。小分けにしてみたり、小さなお椀に載せてみたり…。よく見てるなぁ。

ちなみに僕も料理の手伝いをしましたが「下手くそー。本当に日本人!?」なんて言われる始末(笑)みんな料理が上手です。

 

OHANAMI!

予定していた日は快晴!気持ちいい風の中、ちょっぴり花粉症を感じながら楽しい時間が過ごせました。

mini_dsc_8350

特に日本のお菓子の味付けやおにぎりにはみんな興味津々。なかなか食べられない日本の食べ物と文化に触れ、きっと彼らに新しい気づきがあったんじゃないかな。

 

すっかり春

あんなに寒々しかったのに、すっかり春がデンマークを包み込みました。冬に訪れるとつまらなく感じたところが、全く違う雰囲気に変わりました。これがデンマーク、これが北欧。冬はじっと耐え、家の中でいろいろを考え、春から夏にそれが一気に爆発する、まるでこの景色に象徴されているようです。

mini__dsc0192

mini__dsc0199

mini__dsc0202

 

第111回目は「毎日変わるアクティビティ」

明日はすべてのコース共通で同じ授業を受けた20週目の授業についてご紹介。講義が半分、実技が半分。例えば講義は「これからどうやって生きていくのか」だったり、実技は「スーパーで賞味期限切れの食べ物をもらってきて、それで料理する」なんて、ものすごいユニーク!お楽しみに。

EP109 クラスメイトオススメ!動植物園に行く。その2

The 19 week – ホイスコーレ日記109
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

時々「アナスの街にある動物園には行った?」と聞かれることがありました。彼らは小学校の頃に遠足などで行ってよく知っている場所のようです。どんなところなんだろう?ということで、行ってみることにしました。

 

動物園には黒ひょうがいた

外に出る扉からは、動物園のゾーンに行くことができます。ただ、正直こちらはアスレチックの雰囲気が強く、特別面白い動物がいたりするようなことはありませんでした。

mini__dsc0116

例えば黒ひょうのような珍しいものはいましたが、その他は豚や山羊、牛などといった「よくいる」動物たちです。さすがにこちらは檻に入っております。

mini__dsc0081

 

アスレチックスペース

mini__dsc0076

mini__dsc0088

mini__dsc0110

アスレチック広場では子供達が遊んでいました。また、イベントができそうなステージも併設されていました。外の空間は想像以上に広く、サクッと歩いても一周するのに30分ほどかかってしまいました。

 

ユニークな動物の展示方法

面白いのは身近な動物の展示方法で、例えば牛の前には「これからどうやって食肉になっていくか」の説明が写真付き!で解説されていたり、「昆虫のオアシス」と称して昆虫にとって住み心地の良い区画を作り、そこに草花を植えて共存させるような場所がありました。

mini__dsc0091

 
mini__dsc0094

木などを使って、小さな穴を作ったスペースに昆虫を誘致(?)して、その場所の環境を活性化させるという試み。身近な動物だからこそ、どう自分たちと関わっているのか、何が起こっているのかを見ることができるというのは、子供達にとっても勉強になるなと感じました。

mini__dsc0097

どれも自然体を大切にし、現実から目を背けないデンマークらしい展示方法だなと思いました。

 

屋内には変温動物を展示

ちなみに屋内にも動物園があり、主に蛇などの爬虫類がメインに展示されていました。骨格の展示や、人数制限はありましたが直接蛇に触れるスペース、蝶と戯れるスペースなどもありました。

mini__dsc0074

mini__dsc0073

mini__dsc0043

 

美しく静かな水族館

水族館にはよくある「青い綺麗な水の中を泳ぐ魚を見る」というものの他に、併設されている植物園と続く水槽(緑色)にいる大小様々な熱帯魚を見ることができます。こちらはそういう意味では大きな特徴はありませんでしたが、こんなところまでそうそう人はやってきませんので、ゆっくりと感傷に浸ることができました。

mini__dsc0131

mini__dsc0137

mini__dsc0141

 

おきまりの売店では特に何も買わなかった

売店には人形やおもちゃなどのグッズが売っていましたが、こちらはよくある「他のミュージアムや水族館でも見たことのあるようなもの」がいっぱいです。オリジナルのグッズなどもありましたが、僕は今回特に何も買いませんでした。

 

動植物園を後にして…

もうなかなか来ることができなくなりそうなアナスの街を見て回ることにしました。初めて来た時は右も左も分からないでさまよった町も、今となってはだいたい土地勘のついた近所の街みたいなイメージに。まだまだ知らない場所や知らないこともたくさんあるけど、こんなにイメージが変わるなんて。

mini_dsc_8338

mini_dsc_8340

mini_dsc_8342

今回は週末に行ったため、ほとんどのお店がお休みでした。それでも冬の時に比べて活気があるように感じるのは季節が変わって、人々の気持ちもウキウキし始めたからなのかもしれません。

 

第110回目は「HANAMI!!!」

日本大好きメッテ先生主催の、お花見が行われました。日本で買った「ONIGIRI MACHINE」を持ち込むという手の入れようにはびっくり!!

EP108 クラスメイトオススメ!動植物園に行く。その1

The 19 week – ホイスコーレ日記108
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

時々「アナスの街にある動物園には行った?」と聞かれることがありました。彼らは小学校の頃に遠足などで行ってよく知っている場所のようです。どんなところなんだろう?ということで、行ってみることにしました。

 

いざ、アナスの町へ!

アナスは学校からバスで30分ほどの場所なのですが、例によって学校からのバスは平日しか出ておらず…。週末に友達の自転車を借りて、別のバス停に向かいました。

mini__dsc0011

このなーんにもない風景を10分ほどこぎ続けるとバス停です。何度も何度も通った道、愛着が湧いてきます。

 

アナスに到着してから川沿いを歩く

この頃になると地図を見なくても今自分がどこにいるのかわかるようになっていたので、動植物園に向かう途中にある川のそばを歩いて行くことにしました。

mini__dsc0015

mini__dsc0026

季節はすっかり春に。草木が青々として、空気も冴え渡ります。とてもシャキッとした、綺麗な春に久しぶりに出会いました。

 
mini__dsc0016

ちょっとしたベンチもおしゃれに見えますね。

 
mini__dsc0028

ふと横を見れば、動植物園の前にはコートが設置されていて、バレーボールをやっている人たちがいました。どこに行ってもすぐに体を動かすことができるスペースがある、これは素敵なことだと思います。

 

そしてこちらが動植物園の場所です。
Randers Regnskov
regnskoven.dk

 

すっごく良かった!!

話に聞いていた以上にとっても良かった!というのが感想でした。
デンマークは良くも悪くも、色々なものがコンパクト。そんな中でもここの動植物園はボリュームも見応えもありました。

mini_dsc_8337

ちなみに!
入場料は3,000円ほど。高いと見るか、安いと見るか、普通と見るか。学割ありますよ!!!チケット購入時聞いてみてください。

 

園内は大きく4区画

入場すると、園内は大きく4区画に分けられていていました。

・植物園:ドーム型の温室に熱帯植物と小動物
・動物園:屋外に大型の動物とアスレチック
・水族館:海の魚たちと、時々植物園とつながった水槽に熱帯魚
・お土産の売店とカフェ:毎度おなじみミュージアムショップ

 

植物園は熱帯雨林

mini__dsc0183

植物園はまるでラピュタを彷彿とさせる丸い温室ドームに作られていて、北欧では珍しい(と思われる)熱帯系の植物や動物を眼の前で見ることができます。日本人からするとあまり珍しくない植物が多いかもしれません。

mini__dsc0184

mini__dsc0174

そもそも北欧はカラッとした気候なので、そこに入ったらカメラやメガネのレンズが曇るなんて場所も少ないでしょうし、そこかしこにデンマークに来てから見たこともなかったゴキブリがいるというだけでもエキゾティックな空間です。

 

mini__dsc0047

タイの方からインスピレーションを受けたような石像や、カラフルな鳥などを文字通り「目の前」で見ることができます。よっぽど危険な生き物でない限り、ここでは放し飼いにされているため眼の前で見ることができると思って間違いありません。すごい。

 

mini__dsc0035

葉っぱで巣を作るアリなんて図鑑でしか見たことなかった!しかもこれが仕切りも何もないところで、眼の前で生きて、動いてる!すごい!!

 

第109回目は引き続き動植物園の魅力をお伝えします

明日は動物園ゾーン、水族館ゾーンを写真を交えてご紹介します!

EP107 ベルリンから帰ってすぐはValgfag週だった

The 19 week – ホイスコーレ日記107
デンマークの教育施設「Den Skandinaviske Designhøjskole」に留学した時のことを写真を交えて振り返ります。

いつも課題に講習にとてんこ盛りなDSDHですが、カリキュラムはよく練られていると思いました。忙しい週の次の週には、必ずと言っていいほど差し込まれてくるValgfag。ある意味リラックスウィーク、でも本気でやるとめちゃめちゃ楽しいウィーク。

 

最後のValgfagはリラックスが目的!

mini_dsc_8329

6ヶ月のコースの中で3回に分けられて行われるValgfag。今回はその3回目ということで、カリキュラム中最後となりました。

最初は「楽焼」を選択し、2回目は「モーショングラフィック」、3回目の今回は「レコードジャケット」を選択しました。
ちなみに今回、他には「歌を歌う」「詩を作って朗読する」「近くの町オーフスで行われる予定のマラソン大会で、給水スポットのデザインをする」というものがありました。「歌を歌う」はまだしも「詩を作って朗読する」のはデンマーク語ができない人には相当ハードル高いです。

 

先生もやる気に満ちてるなって思う

毎回くるゲストティーチャーですが、どの方も生徒目線でやる気に満ちている人が多いなって思います。もともとデンマークでは「上下関係や男女差別」みたいなものが「存在しない」という価値観なので、当然といえば当然とも言えるのですが。そういう授業って受けている方も教える方も楽しいんじゃないかなって感じます。

ちなみに、ゲストティーチャーもよっぽど家が近くない限りは、その週学校に泊まり込みます。先生によって時間がくると自分のことをするために部屋に帰る人もいますが、だいたい夜21時くらいにもう一度顔を見せてくれて色々話をしてくれます。

 

どんな授業だった?

僕が受けた「レコードジャケット」のコースは、こんな感じでした。

・ランダムに3つのワードを受け取る
それぞれ「曲名」「アーティスト名」「ターゲット」に対応していて
曲名→ The Love of Rhinos
アーティスト名→Kitchen Knife(包丁)
ターゲット→小中学生

という感じでした。アーティスト名とターゲットは先生が用意しましたが、曲名にあたる部分は僕らが「適当に」作った言葉をシェアしてシャッフルして選んだものです。「サイの愛ってどうすりゃいいんだよ!!てか包丁ってなによ!?」と騒いでたら爆笑されました(笑)

・音楽のジャンルを決める
決まった3つの要素を考えながら、どんな音楽ならそれにマッチするかを考えました。僕はエレクトリックポップを選びました。理由は今世界的に流行っているものだから。そういうものって子供達は好きだし、ちょっと大人びたものを選ぶよね、という理由。

・ビジュアルを構成していく
いよいよジャケットを作っていきます。このときレコードが入るリアルサイズで作ってもいいし、ちょっと小さめで作ってもいい。(コンピュータを使って出力する場合、学校にあるプリンターがA3までしか対応していないので、リアルサイズを作る場合は切り貼りしないといけない)。
僕は「サイの角が乱獲されている」という記事を見つけ、「角が乱獲される前に人間が切り落とし、サイの絶滅を防ぐ」、けどきっと彼らは「憎しみや憎悪」に満ちている…。「それでも生きて、子供を守る愛」みたいなものをモチーフにビジュアル化することに決めました。色々な色が混じり合って…悔しさだったり、悲しみだったり、楽しさや明るい気持ちも…その中心には「Love = Hart」がある。

mini_dsc_8328

・プレゼンテーション
面白いのがこのプレゼンテーションの部分。2人一組になって、相手ののアーティスト(依頼者と見立てる)にプレゼンする、という設定でプレゼンしていきます。例えば僕なら、相手が「Kitchen Knife」という架空のアーティストになって「なんでこのデザインにしたの?」とか「今回の曲にバッチリだよ!僕は好きなだな!」みたいなロールプレイ的なものをします。これが結構面白い。僕は「セレブなプロデューサー」をやりましたが、なんのこっちゃ!

授業はこのような流れでした。先生は都度僕らの進捗状況を写真に収めて、最後に全員のプレゼンボードを作ってくれました。

mini__dsc0968

生徒もそれぞれリラックスして作業していて、どう面白く仕上げていくか楽しそうに決めていました。シルクスクリーンを使う人、コンピュータを使う人、写真をコラージュする人、切って貼っての加工をする人…。

mini__dsc0998

mini__dsc0999

mini__dsc0986

mini__dsc0987

 

講評の日

講評の日。物を作った2つのコースは展示を、それ以外はその場で発表。歌はとても素晴らしかったし、朗読は内容がわからないけどその人なりが出ているのは伝わってきて面白かったな。

mini__dsc0941

ちなみに、写真手前の方には歌の先生のご家族も。発表の日は誰でも来ていいんですね。結構家族を呼ばれている先生を何度もみました。

mini__dsc0947

みんなの前で朗読するって、やっぱり緊張します。いつもと違うその人の真面目な姿が見れて面白い。

mini__dsc0943

街のプロジェクトチームは、総評と説明がありました。

mini__dsc0958

mini__dsc0959

僕らのレコードコースは、コンセプトやプロセスの書かれた紙が壁に張り出されました。

mini__dsc0955

mini__dsc0007

mini__dsc0954

みんなそれぞれの作品に興味津々です。

 

僕が作った作品はこちら

ちなみに、僕が作ったレコードジャケットはポートフォリオに詳細があります。よろしければこちらも合わせてご覧ください。

record_02
THE LOVE OF A RHINO

 
 

第108回目は「クラスメイトお勧め!動植物園に行く!」

DSDHから一番近い街「アナス」には、実は動植物園があった!?!?こんな田舎町にそんなものが…。突撃してみました!